スタジオブログ

トレーナー大森の知っ得ブログ!

皆さんこんにちは
トレーナー大森の知っ得 ブログですヾ(@°▽°@)ノ

今回は肩こりについての知っ得です。


長時間のデスクワークや車の運転、最近では携帯電話の使い過ぎによっても肩こりになる方も

増えています。


肩がこって仕事に集中できない
背中が張りすぎて鉄板が入ってるみたい
辛いですよね…


では何故肩こりになるのでしょうか。


特に沢山使ってるわけでもないのに…
肩使うことなんて何もしてないんだけど…
同じ姿勢でいるからかなぁ…


なぜでしょう?(・_・ 三・_・)


それは、体全体が連動して動いていないからなのです。


人間の体は川の流れとよく似ています。
体の中に流れを止めるダムを作ってしまうと一カ所に疲れが溜まってしまいます。


また、逆に全く使われない場所も出てきてしまいます。
川も体も流れが大事なんですね。
心と体の力を抜いて常に流動的に動く事ができたら疲れも溜まらず、心も体も軽くなります。


よく言う『同じ姿勢』というのは、どこにも力を入れていないのではなく、四方八方から引っ張りあってる状態

筋肉がずっと緊張していると血行が悪くなり、首や背骨の関節も硬くなります。

その結果辛い肩こりや背中の張り感に繋がってきます。


また、肩以外にも、

背骨の動きや骨盤、足からの影響などで肩こりになってしまう場合もあります。

体全体の流れを止めてしまっているんですよね。
今日はそんな肩凝り改善に効果的な肩甲骨の動きをご紹介します。

肩甲骨の動きは全部で6種類ありますが、今日は仕事中でもできる4種類をご紹介します



肩をすくめる様に肩甲骨を上に引き上げる

Studio Reeva 気づく喜び



肩甲骨をお尻のポケットにしまうように引き下げる

Studio Reeva 気づく喜び



大きなボールを抱えるように左右の肩甲骨をでるだけ引き離す

Studio Reeva 気づく喜び



胸を開くように、左右の肩甲骨を背骨に引き寄せる

Studio Reeva 気づく喜び


この4種類の動きをそれぞれ5回、1日に3回やるだけでも固まった筋肉、動かない肩甲骨

はほぐれてきますよ。
是非今日からやってみましょう