スタジオブログ

梅雨にお勧めのセルフケア


もうすぐ6月になりますね。
6月というと、梅雨の季節です。


梅雨はジメジメとした湿気と、蒸し暑さが特徴で体調を崩す人が非常に多い季節とも言えます。
食欲の低下や、お腹の不調、足のむくみ、身体が重だるい、いつもより肩こりがひどく感じる。 この様な症状経験したことはありませんか?

 

 

 

 



東洋医学では、湿度、湿気により、体内に悪影響を与える状態を『湿邪』と呼びます。 特に、梅雨から夏にかけては湿邪が強くなり、胃腸・消化器系に悪影響を及ぼし、食欲低下、軟便、下痢などを引き起こします。 また、症状が長引くと外気だけではなく、 体内にも湿邪が溜まります。 すると、体が冷えやすくなり、ムクミの原因にもなります。


蒸し暑さから、 冷えた飲み物やアイスなど、冷たい物が欲しくなりますが、湿邪は脾胃(消化器系)の機能を低下させます。 冷えたものや、水分の摂り過ぎにより、水分代謝が低下し、ムクミや体の重さ、消化不良などお腹の不調などの症状になって現れます。


今日はそんな時に役立つ対策方法をお伝えします。


【食べもので湿邪を追い出そう】


①果物(柑橘系) ゆず、レモンなどの柑橘類は、胃腸の働きを活発にし、体内の余分な水分である『湿』の排出を助けてくれます。 (注)柑橘類は冷やして食べると湿を生む原因ともなるため、冷蔵庫に入れず常温で食べるようにしましょう。


②利尿作用のある食材 トマト、きゅうり、冬瓜、セロリ、アスパラ、白菜、豆類(特に黒豆)、ハトムギ、スイカなど (注)きゅうり、トマト、冬瓜などの食材には利尿作用と同時に身体の余分な熱を奪うものもあるので、冷えが気になる方は、常温または火を通してください 。


[運動で湿邪を追い出そう]


適度な運動は汗腺を刺激し、余分な水分とストレスを発散させてくれます。 今のうちに汗腺を刺激することで夏場の熱中症予防にも効果的! 

 

 

[お灸で湿邪を追い出そう]


湿邪は脾経と呼ばれる経絡と関係が深いので「三陰交」のつぼがオススメです。 三陰交にお灸をすることで湿邪をコントロールしていきます。 お灸はリーバでも販売していますので、自宅でもセルフケアが可能です。 

 

 

東洋医学では、体も自然界の一部と捉えます。 症状をサインと捉え、症状を無理に抑えるのではなく、今の体にあった生活習慣(リズム)を整えていく。 これを「養生(ようじょう)」といいます。 1日にひとつでも体にいいこと 「養生」 していきましょう!