スタジオブログ

オリンピックの違う見方

ここ最近の話題と言えば、オリンピックですね。

盛り上がっていますが、いよいよ終盤です。


競技の中で、タイムや点数、順位だけでなく、職業柄、選手の姿勢や動きの特徴に目がいってしまいます。

そこでやはり感じるのは、記録を出す選手や上位に位置する選手ほど、他の選手と比べて皆姿勢が美しいということです。

 

 

無駄がない動きはやはり速く、強く、しなやかで美しいです。


skate_speed

 

 



スポーツ競技では100分の1秒で勝敗が分かれたりしますが、そこに姿勢の力が存在している事は言うまでもありません。

 



しかし、視聴者である我々も含め、良い姿勢をとるメリットって競技以外で考えた場合、何だと思いますか?

 

 

綺麗に見えるから?

カッコ良く見えるから?

若く見られるから?

健康そうに見られるから?

 

 

人によってメリットは様々だと思いますが、

 

 

良い姿勢は、無駄がないので力みにくい

良い姿勢は、力みにくいので脱力しやすい

良い姿勢は、脱力しやすいので疲れにくい

 

 

そうです。

 

 

良い姿勢が自然ととれると、疲れにくくなります。

疲れにくいという事は、競技者でも一般の人であっても、無駄なエネルギーを消費せず、自分の体力を最大限効率的に使う事ができます。

そうなると「良い姿勢」が「楽な姿勢」になってくるのです。毎日の事だからこれってとても重要ですよね。

 

 

一方で、悪い姿勢の人は、車で例えると、ずっとブレーキを踏んだままアクセルを踏んでいる状態ですので車体に負担をかけます。そうなると、何をするにも「おっくう」になりがちです。

 

 

オリピック選手は良い姿勢のお手本です。タイムや順位だけでなく、姿勢や動きを観察するのもオリンピックの楽しみの一つですので、是非そちらもチェックして見てくださいね。