スタジオブログ

下腹ポッコリを減らす秘訣は?

皆さまこんにちは!ゆりこです。


急に寒くなってきましたが、ご体調はいかがでしょうか?
季節感の分かりづらい昨今ですが、やはり旬の食べ物は美味しくいただきたいですよね!
さんまに栗ご飯、山菜や秋茄子、柿やぶどう、、食欲の秋到来です。


美味しく食事をいただけるのは、健康のバロメーターですからとても良いことなのですが、、
気になるお腹周りはやはり何とかしたいと思うところですよね。


そこで今回は、


・ポッコリお腹を何とかしたい方
・腹筋を鍛えていても下っ腹だけは凹まないとお悩みの方へ、


「ピラティスで下っ腹へ効かすためのポイント」をお伝えします〜

 

 

 

o0450031113398638867




point1「骨盤は床とフラットにすべし」
→これ、以外と出来ていない方が多いのです。下腹に効かす目的の時は骨盤のポジションが大事です。


point2「足上げ腹筋、大事なのは下ろす方」
→つい、上げる方に意識がいき太もものトレーニングになりがちに
脚の重りを下腹に効かせながら、下ろす方に意識を置いてみましょう。
回数よりも質の方が重要ですよ。

 

 

point3 「下腹に効きにくいのは、腹筋以外の問題かも」

→「腹筋が弱い」、のではなく、「他の筋肉が強烈なブレーキになっていたり、入りにくい姿勢になっている事」が根本的な原因の場合も。このような場合は、腹筋というアクセルを強くするよりも、「ブレーキを弱めたり、筋バランスの調整」をまず行う方が相対的にアクセル(腹筋)の力が強くなり、自然とお腹に力が入りやすくなります。


などなど、下っ腹だけでも、改善方法は人によって様々。
ピラティスの疑問がある方は、ゆりこまでお気軽にお問合せ下さい。


また、コンディショニングルームでは、マンツーマンでピラティスのセッションも行っておりますので、ぜひご利用お待ちしております^^


◯ピラティスコンディショニング
火曜日 10:00〜17:00
土曜日もご相談下さい)
担当:ゆりこ


詳細は下記リンクをご覧ください。
http://studio-reeva.com/images/cr.pdf